ニュース&トピックス

2019/07/31

お知らせ

各地で豚コレラの防疫活動対応中:疫学調査チームがネズミ等によるウイルス媒介の可能性を示唆

昨年9月以降、各地で発生している豚コレラの拡大を防ぐため、防疫活動(車両消毒等)を実施しております。
当初発生した岐阜県では、地元岐阜県ペストコントロール協会でけではなく、中部地区の各ペストコントロール協会や近隣県のペストコントロール協会が協力して、複数のポイントを24時間体制で対応しました。
豚コレラ蔓延を防ぎ、早期の収束を目指してペストコントロール協会員は日夜頑張ります。

・7月18日に「第8回拡大豚コレラ疫学調査チーム検討会の結果概要」が農林水産省HPに掲載されました。
主に23例目から28例目の発生について、現時点で判明している事実関係をもとにして豚コレラの感染経路、今後の対策を検討した概要が記載されています。
・この概要のなかで「ネズミの糞がPCR陽性となっていること」や「ネズミ等の野生動物の出入りを介してウイルスが豚舎内に侵入した可能性がある。」との記載がされています。

第8回拡大豚コレラ疫学調査チーム検討会の結果概要.pdf

  • ペストってなんのこと?
  • 私たちペストコントロールにお任せください
  • 優良事業所 及び
各種資格認証者名簿

ページトップへ